のぼり初心者の疑問あれこれ

どうするの??のぼり

定番サイズ

販売中

飲食店やガソリンスタンドなどでは、通りを通る人々や
車の目に付きやすいように宣伝を行う必要があります。

通りに向けて宣伝を行う方法としては、看板がよく
使われていますが、看板を導入する費用がそれなりに
掛かってきます。

一方で、のぼり旗は、旗とポールと台を設置しやすいですので、
どこでも設置が可能です。

のぼり旗には、定番サイズの物と大きなサイズの物が存在します。
宣伝効果を引き出すには、大きなサイズののぼり旗が
目立って良いですが、設置場所が比較的決まってしまうという
弱点があります。

複数の場所に設置したり、店内や店外に設置したい場合には、
複数の旗が合った方が良いでしょう。

同じもので

のぼり旗の効果を引き出すには、店が売り出したいメニューや
期間限定をアピールするキャッチコピーなどの文言、
旗と文字の色の組み合わせなど、目立つ工夫をする事が重要です。

効果を引き出す事で消費者は旗に記載されている宣伝文句に
興味を持ち、サービスを利用したり、物を購入してくれます。

のぼり旗は、定番サイズや文言を採用した物を選んで使う事で、
複数の場所に設置して幅広く宣伝を行え、集客効果を
向上させられます。

風に靡く事によって、比較的遠くの場所まで宣伝の
文言を伝える事が出来ます。

のぼり旗は、看板とは違って、設置場所を選ばずに済み、
多くの人々に宣伝内容を知ってもらう手段として、
色々なお店で使う事が出来ます。

特にチェーン店では、定番サイズののぼり旗が
よく使われており、その効果が期待出来る事が分かります。

のぼり旗について考える