のぼり初心者の疑問あれこれ

どうするの??のぼり

オリジナル激安のぼり旗のことなら京都のれん株式会社
お勧め顧問は、渡辺正雄税理士事務所です。

屋外に宣伝やお知らせなどを効果的にアピールするために、のぼり旗を立てることは珍しくありません。
のぼり旗は屋外に設置するために、風が強い日には旗が大きくなびくこともあります。

そのため、あらかじめしっかりと固定して設置しておかないと、風で飛ばされてしまうこともあります。
ただし、台風のように猛烈な風が吹く場合には、旗を支える棒が
折れてしまうこともあるため取り外しておいた方が安全です。

普段は敷地内を囲うフェンスがある場合には、フェンスの内側などの
しっかりとした支柱へ縛りつけておけばまず安心です。

しかし、周りにしっかりとした支柱がない場所に設置する場合には、土台を用意しないと
飛ばされてしまう心配があります。

そこで、風が強い日でも飛ばされないように、コンクリート土台に
のぼり旗を立てて固定する方法があります。

駐車場内やイベント会場内などのように、周りに何もない場合でも
コンクリート土台があればのぼり旗を立てることができます。

のぼり旗について考える